イマークSの臨床試験での効果は平均20%中性脂肪値が低下

血中中性脂肪の低下する作用
が認められたイマークS

↓↓↓↓↓↓
[限定]送料無料通販はこちら
イマークS 送料無料通販

中性脂肪が高いことで起こりやすいこと

中性脂肪 高い

皆さまは普段から中性脂肪のことを意識されていますのでしょうか?まだ20代や30代の時は良いかも知れませんが、40代以降になると代謝活動が弱まって来ますので、そろそろ意識をした方が良いかと思う時期です。

中性脂肪と言うのは血液検査で結果が分かりますが、高いと健康には良くありません。

ですので結果が分かった後で医師の栄養指導を受けなければいけないこともありますが、そもそも中性脂肪が高いとどうして体に悪いのか、また放っておくとどうなってしまうのかをちゃんと把握しておけば皆さまも健康に気を使わないといけないと言うことがご理解いただけるのではないかと思います。

実際に中性脂肪の値が高いと体内において色々な問題が生じてしまいます。

また中性脂肪が高いことを血液の状態で言いますと通常の血液はサラサラなのですが、中性脂肪値が高い方ですと血中の粘性が高くなりますので、よく言われるドロドロ血の状態になってしまい、血管に余計な力がかかりますので破れ易くなったり、血管がつまり易くなってしまうのです。

危険!中性脂肪が原因となる病気

危険な病気

中性脂肪がが血液中に溜まって行くと、血管壁にある細胞が傷ついてしまいます。

そうすると炎症が起きてしまうことで動脈硬化症を勃発する原因になってしまいます。

この症状はコレステロールや中性脂肪の値が高い場合に起こりやすい高脂血症状が原因となる一番厄介な合併症になるのです。

また必要以上に中性脂肪が溜まってしまうと、糖尿病、脳梗塞や脳出血、狭心症、心筋梗塞、腎不全、大動脈瘤などになってしまうリスクが高まります。

普段の生活の不摂生が原因でこの様な恐ろしい病気になってしまうこともありますのできちんとケアをしておきたい物です。

中性脂肪を低下させることの大変さ

中性脂肪を低下させる

中性脂肪は私たちがお肉やファーストフードなどの美味しい物ばかりを食べていれば簡単に上がることができます。

しかし中性脂肪を下げようとした場合には今度は逆のことを行わないといけませんのでとても大変なのです。

具体的には食生活の改善と言うことで生野菜を1日に約400グラムを毎日食べないといけません。

また有酸素運動としてウォーキングやジョギングを20分~40分程度行わないといけません。

その他に炭水化物やたんぱく質の量にも気をつけて塩分も減らしたりなど、それまでの生活を一掃しなければなりませんので口頭で説明するよりも実際に行ってみると大変なのです。

気になる方におすすめなのがイマークS

では次にイマークSの特徴についてのご説明をさせていただきます。

イマークSのイメージ

イマークSの特徴

イマークSは中性脂肪が気になったり甘い物をよく食べる方、飲み会が多かったり、中性脂肪を下げるための青魚をあまり食べることが少ないと言う方にお勧めの毎日美味しく飲みやすいヨーグルト風味の清涼飲料水になるのです。

ですので一日1本のペースで飲むと効果が出てきます。

またイマークSの特徴と致しましては多くEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれていることです。

EPAは青魚などに含まれているオメガ3系の多価不飽和脂肪酸になります。

またEPAは体内では作られることがほぼありませんので、青魚を食べることが少ない方にはお勧めになるのです。

血中中性脂肪の低下する作用
が認められたイマークS

↓↓↓↓↓↓
[限定]送料無料通販はこちら
イマークS 送料無料通販

イマークSの作用について

では次にイマークSの作用についてお話をさせていただきます。

毎日継続をして摂取して行くことで、EPAを体内に取り入れることができますので、血中の中性脂肪を下げることができるのです。

血中中性脂肪は別名で皮下脂肪や内臓脂肪と呼ばれることもあり、脂肪組織に一番多く存在する脂質が血中中性脂肪となります。

また血中中性脂肪は適量体内に存在する分であれば良いのですが、過度にあって消費されない場合には体内に体脂肪として溜まってしまいます。

ですので食べ過ぎやお酒の飲みすぎ、また運動不足によってエネルギーが余ってしまった場合には中性脂肪の取り過ぎるとメタボにつながる場合もあります。

なので毎日の食事や運動のコントロールが難しいからこそ一日一本(容量にすると100ml)を4週間~12週間継続することで血中中性脂肪の量をおおよそ20%低下させることができるのです。

イマークSを飲むメリット

では次にイマークSのメリットとデメリットについてお話をして行きます。

まずメリットと致しましては普段の食生活では中性脂肪量を低下させるための必要量を摂取することが難しい青魚の栄養を摂ることができると言うことです。

実際に頭では分かっていても私たちの生活は食生活の乱れ、ストレス、飲酒や禁煙など中性脂肪が高くなるリスクに囲まれていると言っても過言ではありまん。

また青魚を毎日1~2匹食べるのも大変ですしまたそれだけでお腹がいっぱいになってしまうと全体的な栄養バランスが保つことができなくなってしまいます。

そう考えるとイマークSは効率的に中性脂肪を減らしてくれる要素が凝縮して溜まっているのです。

またいつでも簡単に摂取できると言うこともメリットと言えるでしょう。

そして妊娠中や出産後の授乳をしている女性の方は口にした物が子供の栄養となるので食べる物にはとても気を使いますが、イマークSは一切の化合物が含まれておらずに全て食品由来の成分で作られておりますので安心して飲むことができます。

ですのでお子様のことを思って健康な体の状態にしておきたいと言う方にもお勧めの飲料となるのです。

イマークSのデメリット

では次にイマークSのデメリットについてお話をさせていただきます。

始めてイマークSを試す方からすると慣れるまでには少し青魚由来の魚臭さを感じる方もいると思います。

よく言えばヨーグルトっぽいと感じる方もいますしまたバリウムっぽいと言う方もいます。

ですのでこのデメリットを解決するには通常イマークSは常温で保存することも可能なのですが、更に冷蔵庫で冷やしておくことで飲みやすくなります。

またイマークSは他の関連商品と比べると価格が高めであると言うことが言えます。

具体的にどの位なのかと言いますと、他社でEPAやDHAが含まれているサプリメントだと1日にかかる料金は100円~200円となります。

しかしイマークSだと一番お得な『20日で20本コース』で購入をしたとしても1日で250円かかる計算になります。

ですので他社商品よりも少し高い印象を受けると思います。

ただイマークSはEPAとDHAの両方を1本でカバーできますので豊富な含有量が含まれていますし、手軽に健康な体が手に入ると考えると、価格的なデメリットを跳ね除ける位の決して高くはない商品ではないかと思います。

血中中性脂肪の低下する作用
が認められたイマークS

↓↓↓↓↓↓
[限定]送料無料通販はこちら
イマークS 送料無料通販

イマークSで中性脂肪の低下を目指す!

いかがでしたでしょうか。

普段から美味しい物を食べつつもキチンと栄養管理をしていたら、運動を取り入れている方は中性脂肪の量も適量かも知れませんが、しかしその様なケースはスポーツ選手がパーソナルトレーナーが付いていないとなかなか難しいものです。

また一度ついてしまった中性脂肪を落とすことはそれなりの食生活の改善と運動を行わないといけませんので、日々の生活の中であれば人とのお付き合いがあったり、ストレス発散のために美味しい物を食べたいと言う人達もいるかと思います。

また自分で食生活の改善を行おうとすると、バランス配分を間違えてしまって栄養失調になったり逆に太ってしまったりなど、思った様に効果が出ない場合もあります。

そう考えるとイマークSを活用した方が間違いなく効果が出ます、口コミを見ても10本位飲み終わった後に中性脂肪の値を測定したら10%位下がっていたと言う人も多く、これだけEPAやDHAを多く含んでいるサプリメントはあまりありません。

ですので特に40歳を過ぎて中性脂肪に悩んでいる方たちはイマークSを検討していただければと思います。